店舗デザインをした時に考えた事

業者選びも意識して行いました

売上を意識して行ったのは座席数や回転数などです / 業者選びも意識して行いました

私が手がけているお店の料理は1つあたりの品を手がけるために長い時間を要しており、買い求めてから口にして下さるお客様においても料理やお菓子などを口にしながら長い時間ご友人達とお話に花を咲かせる機会が多いので、回転数が高い席のレイアウトではなくじっくりと落ち着いてお話が楽しめるお店作りをしていく事にしました。
回転数としては低くなるので次々とお客様が入れ代わり立ち代わり変化するという様相ではないものの、じっくりと腰を据えてお話ができる環境にしたからこそ、注文して下さる料理やお菓子の量が多めになり売上を高くする事に繋げられました。
特に注文する機会が多くなるのが飲み物ですが、お客様が飲み物を注文したいと考えているのにも関わらずスタッフが見つけられずに注文できず売上数が落ちてしまうといった事が無いように、着座していても見渡しやすい開放感がある店舗デザインにする事も強く意識しました。
開放感があるデザインにする事によって清潔感を感じてもらえるきっかけになりましたが、もちろん外見上だけではなく排水など飲食店であれば尚一層強く意識しなければならない面についても、保健所などが定めている条件をきっちりとクリアできるように設計しました。
床に排水設備を設けたのですが、当初は考えていたよりも傾斜が緩くて水の流れが良くない状態になっていたため、傾斜を強くして水が溜まらないように改良した事で高い衛生状態が維持できるようになりました。
店舗デザインを行う時にはオーナーである自身が常に立会って確認したり実際に作業に従事しましたが、専門知識を有する点については業者に依頼する事になるのでデザイン時には信頼できる業者選びを徹底し、尚且つアフターケアや気になった事があった時にすぐにサポートして頂けるように、長い目で見てお付き合いができる業者選びも意識して行いました。

静岡市美術館、展示もすごいが内装デザインがバチバチにオシャレ pic.twitter.com/37gxSW6ZrH

— 犬井作?@ぱんっあ23た-13,14 (@Tsukuru_Inui) 2019年9月28日